スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュガーラッシュ★★★★☆

短編「紙ひこうき」と同時上映。

ディズニーの3Dアニメ部門はピクサーの別部署っぽい感じになってきた。
ピクサーよりはディズニー的というか、テーマに「恋」が入りやすいのは伝統なのかな。
紙ひこうきはストーリーボードの雰囲気をそのまま3D化している点が本当に凄くて綺麗。
ただストーリーがまんまクラシックなのがすごくもったいない。
キャラの可愛らしさ、絵面のきれいさが古さを超えて新しいのに…もうひとひねり、サプライズを期待してしまう。

それがそのまま本編にも言えて、後半の展開がすごく面白いだけに、前半、というか動機付けの弱さがクローズアップして感じられてしまう。

キャラクターが良いだけにすごくもったいない。

もう一押し、足りない。

結局、大団円に向かって作られた出発に見えてしまう。

ただ、それはある意味いままでのディズニーの伝統だった。
誰もがハッピーエンドと知っている物語のリメイクという伝統。

そして、今は「ディズニーのハッピーエンド」への収束。

本当は、その伝統にはまり込むのではなくて、その上で新しいパワーダンスを踊って欲しいのにな、と思ってしまう。


「ラプンツェル」はテーマの筋が違っていた。
解決すべき問題は初めから問題ではなかった。
「メリダ」は同じテーマにきちんと取り組んだが、使用したメタファーが「おそろし」すぎて子供向けではなくなった。

シュガーラッシュは、やはりトイストーリーとのテーマの競合を否めない。
3部作で書き切ったトイストーリーの本筋に対し、どうしても焦点がぼやけてしまう感がある。
実際、アイデンティティの獲得の流れは「ニセモノのバズ」的なライトさなのが逆に良いのだろうと思う。

個人的にとても良かったのは16ビットの世界の世界観だった。
チープでなく角ばったデザインの隅々に、逆に新しさがたくさん感じられた。
それに関しては冒頭の短編と同じ。

古さこそが新しい。
古い世界を最新の技術で描く。

そこに、見たことのない面白さの匂いを強く感じた。

その面白さを完璧に活かす脚本でなかった(壊すことしかできない男、バグ技の扱いなどすごく面白いアイディアもあったけど、生かしきれてない感)
のがとても残念。

あと、キャラクターの参加度で各企業の協力度がわかるのが面白かった。
カプコンさんのサービス精神最高。
マリオも見てみたかったけど、不在の存在感の凄さが逆にマリオっぽかった。
スポンサーサイト

日本よこれがマッチョイズムだ@アベンジャーズ[小ネタバレ]

【重要事項】
・ブラック・ウィドーの尻
・キャプテン・アメリカの逆三角体型
・ソーの上腕二頭筋
・ホークアイの半袖
・トニー・スタークのTシャツ
【最重要事項】
・ハルクはオチ
【補足事項】
・吹き替え版の主演はサミュエル・L・竹中直人

AVATAR アバター[DVD] ★★★★★(微ネタバレ)

封切り当時の
「ストーリーは特に見るべきものはない」
みたいなレビューってネガキャンだったのかな~
シンプルだけどちゃんとできてるし、伏線も回収してるし。
シナリオきちんとしてるじゃないですか。
セリフで説明してるだけってのもないし。
やっぱキャメロンすごいなー。

ストーリー展開はむしろ読め読めって感じなんですが、
ディティールが丁寧で好感もてます、
とにかく美術の仕事量が物量で凄まじいですね。
ストーリーには王道とパターンがあるけれど、
美術の細部には際限はない…。
こりゃあ、すごい映画ですね

でも、ストーリーが負けてるかっていうと
けしてそうじゃないと思う。むちゃくちゃ王道なんだけど
非常に丁寧。
雑なんじゃなくて削いでると思う。
ストーリーがシンプルなのに比べて、美術の物量がすごいから、
「話し負け」って言われたのかもしれないけど。
ただ、これ、やっぱり話は凝る必要ないと思うね。
だって未開の地の話なんだし。
シンプルだけどディティールの層が細かい、
というのはシナリオも同じだと思うぞ。
すごいなー。
同じモチーフがきちんと2回出てくるのに感動した。
キャメロンすごい…。
ありきたりの題材を汁気たっぷりに料理するひとなんだな…
そして最後にはなんか哲学みたいなとこまで行ってるし…。
展開的にダレてるとこが全然なかった…
シンプルだけど設定を生かしたシーンが凝縮してるから表現も陳腐になってないと思う。
初乗りのシーンだけ2度見たんだけど、2度目に気づいた。
あれはジェイクが飛べないと思ってるから落ちるんだな。
それに気づいた時、描かれてない設定の層の厚さも感じた。
だからしっかり支えられてて、見たことない世界が立ち上げられるんだな…

最初の走り出しちゃうところとシガニー・ウィーバーの笑顔を見て、
これは駄作じゃない!って確信してテレビの録画見るのやめたんだけど
次の日バーゲンでDVDが1000円だから買ってきた…。
1000円て!

3Dじゃなくてもこれは面白いぞ。
3Dもいいんだろうけど(もっかいかかったら行くなあ)
そしてシガニー・ウィーバーはある意味すごい役者人生送ったなー。
(いや、まだ終わってないけど、「いい最終回だった」感がすごいw)

青くて2メートルが可愛くなるってすごいわ…。
スターウォーズサーガもがんばってるけど、
CGになったあとのディティールのペラペラ感が否めなかったから、
このへんまでかしらって思ってたんだが
まだ先があったんだな。ハリウッドのSFには。
薄いレイヤーも重ねれば厚くなるということを知ったよ。

他の3D映画がアバターを超えられないのも無理はないなあ
これはあれだよね、64のゼルダっぽい感じ。チートだよね
簡単には超えられない感じがする。

久しぶりに長い感想書いた。
80年代ハリウッドを支えた監督たちはまだ健在ってことかな。

テーマ:DVD・Blu-rayで観た映画 - ジャンル:映画

プリンセスと魔法のキス★★★★★

期待をしないようにして行ったのだけど、
始まって10分、2回泣きそうになった。
ああ、良かった、ディズニーは死んではいなかったのだ、と感じ、
そのきらめきの温かさに打たれた。

終幕後、ひとり立ち上がって銀幕に向かって手を叩いた。
おかえりなさい、そしておめでとうという気持ちだった。

帰り道にも余韻が続く映画で、
ああ映画を観たんだなあという満足感と、
物語が終わってしまった切なさのない混ざった感覚を
とても久しぶりに感じた。

iPodの中の音楽を聞いて日常に戻るのが惜しくて、
マクドナルドのモバイルポイントに立ち寄り、
日本語版のアルバムを購入。
(iTunesでフルアルバムを買うのは2枚目)

IMG_1095.png


5分ほどでダウンロードが終わり、
Ne-yoのテーマソングが流れ出す。
映画音楽として一番贅沢な買い方の気がした。

----
美女と野獣を超えた、っていう映画評があったらしいが
私の感覚ではリトル・マーメイドからこっちまとめて超えている気がする。
少なくとも作画は一番クオリティがある。

ミュージカル好きとしては「カールじいさん」より良かった。
というか、古き良きディズニーはそこにちゃんと存在していて
それはPixarをも育ててきた確固たる土台だと改めて感じた。
それを見えなくさせていた旧経営陣の悪しき商業主義は明らかだ。

最近リニューアルした「Disney Pictures」の派手な3Dロゴアニメより前に
最初に映し出されたのはパラパラとめくられる紙に描かれている
蒸気船ウィリーのミッキーと「Disney Animation Studio」の文字。
(最初に胸が熱くなったシーンだ)
最後までディズニーを見捨てず、守ってきたクリエイターたちの
Disneyへの愛を感じた。

手描きアニメーションへの愛が誇らしげに宣言される瞬間。
一時は解体されようとしていたディズニーの手描きアニメーション。
はれがましく宣言された復活。アーティストたちの確かな勝利。

---
そして、これがやりたかったんだよ、というすべてが画面いっぱいに弾けていった。
今までなら切り捨てられてきたであろうアイディアのきらめきが
すべてでひとつになって全体を輝かせるような奇跡を作っていた。
全体としての印象は、監督たちの過去のヒット作である
リトル・マーメイドとアラジンを
足すのではなくかけあわせたようなパワーと魅力に満ちていた。

ロン・クレメンツとジョン・マスカーは、もう一度ディズニーを再生した
(70年代の低迷をリトル・マーメイド、アラジンで復権させたように)
21世紀にディズニーの息吹を蘇らせてくれた。
この数十年にディズニーが失っていたストーリーの展開は
単純に切なく感動的で、私は掛け値なく本当に泣いた。

たぶんこの映画は、
カエルの恋でもなく
ジャズのミュージカルでもなく

憧れを捨てなかった、
信じることをやめなかった、
小さな勇者の物語なのだ。

そしてその勇者とは
圧政の下でもアニメーションに人生を捧げ続けてきた
大勢のアニメーターたちの姿なのだろう。

テーマ:ディズニー - ジャンル:映画

「ウルヴァリン」★★★★☆

ヒュー・ジャックマンが格好良すぎて参りました。

なぜか他の役柄の時はナイーヴに見える彼なのに、ウルヴァリンの扮装をするとそういう弱さすら消えてしまう。
たぶん頬ひげのせいじゃないだろうか。

黒のラバースーツを着なくて良いせいか、大変に体を作り込み、上半身がさらに大きくなってる印象。
もう、ストーリーとかではなく、「ヒュー・ジャックマン」を鑑賞する映画。

本来のローガンが短躯だったことなど、みんな忘れてしまっているのだろうと思う。

あとセイバートゥースとの因縁が明らかになったのはいいとして、お兄ちゃんがなんだが淫猥なムードなのをどうにかしてください。
目つきが危ないのに、顔がぷっくりしてるからでしょうか…。
どう考えても変身後よりも禍々しいオーラが漂っております。

個人的にはケイラお気に入り。むっちゃ可愛い。
ミステリアスなムードといい、肉感的な表情といい、完璧。
目つきがたまらないです…。

ガンビットが結局いろいろ謎だったかも。

wolverine1.jpg

テーマ:映画レビュー - ジャンル:映画

プロフィール★

KAM

  • Author:KAM
  • キャラクター
    イラストレーション
    ちょっとした漫画・ちらし
    yamazakh◎gmail.com
カテゴリー★
コンタクト★

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ
リンク★
RSSフィード☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。