スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シュガーラッシュ★★★★☆

短編「紙ひこうき」と同時上映。

ディズニーの3Dアニメ部門はピクサーの別部署っぽい感じになってきた。
ピクサーよりはディズニー的というか、テーマに「恋」が入りやすいのは伝統なのかな。
紙ひこうきはストーリーボードの雰囲気をそのまま3D化している点が本当に凄くて綺麗。
ただストーリーがまんまクラシックなのがすごくもったいない。
キャラの可愛らしさ、絵面のきれいさが古さを超えて新しいのに…もうひとひねり、サプライズを期待してしまう。

それがそのまま本編にも言えて、後半の展開がすごく面白いだけに、前半、というか動機付けの弱さがクローズアップして感じられてしまう。

キャラクターが良いだけにすごくもったいない。

もう一押し、足りない。

結局、大団円に向かって作られた出発に見えてしまう。

ただ、それはある意味いままでのディズニーの伝統だった。
誰もがハッピーエンドと知っている物語のリメイクという伝統。

そして、今は「ディズニーのハッピーエンド」への収束。

本当は、その伝統にはまり込むのではなくて、その上で新しいパワーダンスを踊って欲しいのにな、と思ってしまう。


「ラプンツェル」はテーマの筋が違っていた。
解決すべき問題は初めから問題ではなかった。
「メリダ」は同じテーマにきちんと取り組んだが、使用したメタファーが「おそろし」すぎて子供向けではなくなった。

シュガーラッシュは、やはりトイストーリーとのテーマの競合を否めない。
3部作で書き切ったトイストーリーの本筋に対し、どうしても焦点がぼやけてしまう感がある。
実際、アイデンティティの獲得の流れは「ニセモノのバズ」的なライトさなのが逆に良いのだろうと思う。

個人的にとても良かったのは16ビットの世界の世界観だった。
チープでなく角ばったデザインの隅々に、逆に新しさがたくさん感じられた。
それに関しては冒頭の短編と同じ。

古さこそが新しい。
古い世界を最新の技術で描く。

そこに、見たことのない面白さの匂いを強く感じた。

その面白さを完璧に活かす脚本でなかった(壊すことしかできない男、バグ技の扱いなどすごく面白いアイディアもあったけど、生かしきれてない感)
のがとても残念。

あと、キャラクターの参加度で各企業の協力度がわかるのが面白かった。
カプコンさんのサービス精神最高。
マリオも見てみたかったけど、不在の存在感の凄さが逆にマリオっぽかった。
スポンサーサイト
プロフィール★

KAM

  • Author:KAM
  • キャラクター
    イラストレーション
    ちょっとした漫画・ちらし
    yamazakh◎gmail.com
カテゴリー★
コンタクト★

名前:
メール:
件名:
本文:

ブクログ
リンク★
RSSフィード☆
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。